クレジットカード現金化の基本

クレジットカード現金化の店舗型・買い取り式と無店舗型・キャッシュバック式の違い!

迷うビジネスマン
クレジットカード現金化って、無店舗型・キャッシュバック式と店舗型・買い取り式があるらしいけど、結局どっちがいいんだろう?

「そもそもこの2つってどういう仕組みになっているんだろう?
買い取り式はイメージできるけど、キャッシュバック式がわかりにくい」

あなたは今、そんなことを考えていませんか?

そこで、この記事では

  • クレジットカード現金化の店舗型と無店舗型の違い
  • 買取式とキャッシュバック式の違い・仕組みの解説
  • 結局どっちを選べばいいのか

ということを説明します。

結論から言ってしまえば、
無店舗型のキャッシュバック式のところを選ぶのが断然おすすめです!

なぜ無店舗型・キャッシュバック式のほうがオススメなのか
理由と共に詳しく解説していきますので

この記事を読めば、クレジットカード現金化業者の仕組みを理解し
迷うことなく業者を選ぶことができるようになるでしょう。

この記事を読むことのメリット
  • 店舗型・買取式と、無店舗型・キャッシュバック式の仕組みが理解できる
  • 無店舗型・キャッシュバック式の方がオススメということがわかり、高い換金率ですぐお得に現金化できる業者を選べるようになる

 

クレジットカード現金化の無店舗型・キャッシュバック式

最初は無店舗型・キャッシュバック式の仕組みについて解説していきましょう。
おすすめは断然こっちです。

これの仕組みは

クレジットカード現金化業者の申し込みフォームに
名前やメールアドレスなどをパパッと入力して送ると

クレジットカード現金化業者から電話がかかってきますので

そこでやり取りをします。

そして、例えば2万円を現金化したいとなったら

「分かりました。ではこちらのビー玉を二万円で買ってください。」
と指示されるんですよね。

たかがビー玉を2万円でクレジットカードで買うのは、ちょっとビビるかもしれませんが
ちゃんと現金になって返ってきますので、安心して購入して下さい。

購入したことが確認できたら、
クレジットカード現金化業者から5分後ぐらいにすぐあなたの口座に2万円が振り込まれます。

(正確には換金率・手数料があるので19000円ぐらいが振り込まれます)

そして、一応ビー玉を買ったということで
後日、ビー玉が届きますけれども

これはて特に使い道もないので捨てちゃってオッケーです。

…キャッシュバック式って、正直ちょっと分かりにくいかもしれませんね。
けど、いまいちピンとこなくても

クレジットカード現金化プロが紹介する、
安心して使える業者を選べば

担当の人が丁寧に教えてくれるので、心配しなくて大丈夫です。

「クレジットカード現金化をご利用いただき、ありがとうございます。
まず、お客様に行っていただくことですが…」

というような感じで、優しく丁寧に対応してくれます。

鉄板のジョイフルで今日中に
クレジットカードを現金化!▶▶

(詳しい解説&申し込みページへ行きます)

 

クレジットカード現金化の無店舗型・キャッシュバック式のメリット

クレジットカード現金化の無店舗・キャッシュバック式は本当にメリットがたくさんあります

家から出る必要すらなくすぐに現金化できる

一番のメリットはこれでしょう。

スマホでやり取りするだけで完結するので、
あなたの家から出なくても、
それこそ今から15分後にも現金を用意することができます。

クレジットカード現金化を使いたくなるときって、
だいたい思いがけず急な出費が必要になったときですから
もたもたしてられませんよね。

それが、たった15分程度で現金化できるっていうのは
無店舗型・キャッシュバック方式ならではの強みです。

換金率も高い

無店舗型・キャッシュバック式は換金率も高いです。

間にビー玉のようなものしか挟みませんから
余計な部分でお金がかかることがほとんどなく
高い換金率で換金してもらうことができます。

しかも、無店舗型って
クレジットカード現金化業者側からしても

わざわざお店を用意したり、店員さんに給料を払ったりする必要がないので
その分、換金率を高くできるんですよね。

これは使う側としては嬉しい限りです。

全国どこでもできる

店舗型の場合は、わざわざクレジットカード現金化するお店まで行かなければなりません。

ですが、無店舗型・キャッシュバック式であれば
スマホ上のやり取りだけで現金化が完了するので

あなたがどこに住んでいたとしても、問題なくできるのが良いところです。

クレジットカード現金化の店舗型・買取式

クレジットカード現金化の店舗型・買取式についても解説していきましょう。

これは、まず街にある
『カードでお金』というような看板が出ているお店にに行くと

では、あなたのクレジットカードを使って
これを買ってきてください。

というようなことを命令されます。

だいたい、ブランドもののバッグとか
新幹線の回数券とかが多いですね。

それをクレジットカードで買ってきて、現金化のお店に持っていくと
買い取ってくれて、いくらかのお金がもらえる、ということです。

確かに、手順としては簡単ですが
店舗型・買取式には正直デメリットがたくさんありますので
オススメできません。

デメリットについて解説していきましょう。

物を挟むので換金率は低い

クレジットカード現金化の店舗型は、取引の間にモノを挟みます。

例えばブランド品のカバンとか、新幹線の回数券とか
わざわざものを挟みますから

これは「買ったものを中古で買い取ってくれる」ようなものになるわけで
そのぶん、換金率が低くなっちゃうんですよね。

イメージとしては

ヴィトンのバッグを10万円で買ってきてください

と言われて
それを75000円で買い取ってくれるようなイメージです。

この場合だと還元率75%。
低いですよね。

ただでさえお金がなくて困っているのに
なるべくなら少しでもお得に現金化したいところでしょう。

そういう意味でも、無店舗型を使うほうがオススメです。

時間がかかる

当然ですが、時間もかかります。

まず、あなたの家を出て電車に乗って
街まで行って、クレジットカード現金化のお店まで行かなきゃいけないわけです。

しかも、

「これを買ってきて」と言われた商品を買いに行って
そっからまたさらにお店に戻らなきゃいけないわけですから、
時間もかかりますし、移動も大変です。

「急に現金が必要になった!すぐ用意しなきゃ…」
って焦っているときに時間がかかってしまうのは
大きなデメリットですよね。

閉まる時間も早い

クレジットカード現金化の店舗型は、閉まる時間も早いです。
お店側としても、お店を開いておくにはバイトにお店にいてもらわなければいけないわけですから
あまり遅くまで開いておくと、無駄にバイト代がかかってしまうのです。

ですから、ほとんどのお店は19時ぐらいには閉まってしまいます。

「駆け込みで現金を用意しなきゃ!」というときに
お店の前まで行ったはいいものの、もう閉まっていたら絶望的ですよね。

そもそも都市部じゃないと無理

カードで現金化のお店ですが、都市部じゃないと基本的にありません。

ですから、当たり前ですが
そもそもあなたの住んでいる地元に『カードでお金』のお店がなかったら
店舗型では現金化のしようがありません。

堂々とやっているので危険

カードでお金の店舗型・買取式は
街中で堂々とクレジットカード現金化をやっているので危険です。

クレジットカード現金化に違法性はありませんけれども、
微妙にグレーなことをやっているので

街中でおおっぴらにやっていると、業務停止命令が出されてしまうこともあるんですよね。

そういったときに、そこのお店であなたがクレジットカード現金化をした履歴が警察に見つかると
面倒なことになってしまう可能性もあります。

その点・無店舗型・キャッシュバック式であれば
スマホだけでやり取りが完結しますから

クレジットカード現金化を行ったとしても、まず見つかることはなく
安心して使えるので、無店舗型・キャッシュバック式のが圧倒的におすすめです。

クレジットカード現金化の店舗型・買い取り式と無店舗型・キャッシュバック式まとめ

  • 無店舗型・キャッシュバック式はスマホでやり取りしてクレジットカードで商品を買えばすぐお金が振り込まれる
  • 店舗型・買い取り式は「これを買ってきてくれ」と言われるので、それを買って現金化業者に渡すことでお金がもらえる
  • 今の時代は無店舗型・キャッシュバック式のほうが圧倒的にオススメ

ということを解説しました。

この記事を参考に、安心・安全・確実に
高い換金率で、お得に現金を用意してくださいね。

鉄板のジョイフルで今日中に
クレジットカードを現金化!▶▶

(詳しい解説&申し込みページへ行きます)