クレジットカード現金化まとめ記事

カードローンに通らない…なんで?解決策!審査なしで絶対お金を借りられる!

禁止

「お金が必要だから、アコムとかプロミスとかの消費者金融に申し込んだんだけど
通らなかった…なんで?どうしたらいい?」
「お金が用意できないとまずい!どうにかしてはやくお金を用意しなきゃ…」
「なんで落とされるんだよ!理由を教えてくれよ!もやもやする~」
「数日待たされたあげく、審査を落とされるってイラッとするなぁ~」

あなたは今、ひょっとしてそんなことを考えていませんか?

そこで、この記事では

  • 審査に落ちてしまう理由と
  • 審査を突破するための改善策
  • そして、審査なしでもお金を確実に用意できる方法

を紹介します。

この記事を読むことのメリット

  • カードローンの審査の基準を知ることができる
  • カードローンの審査を通るために改善策を打つことができる
  • そもそも、審査なしですぐ現金を用意できる方法を知ることができる

審査に通らなかったらクレジットカード現金化を使うべき

クレジットカード現金化のジョイフル

あなたが今、一番気になっているのは
「審査なしでお金を用意できる方法ってなにがあるの?」
っていうことなのではないでしょうか。

そこで、最初に結論を言ってしまいますと
審査なしでお金を用意できる方法は『クレジットカード現金化』です。

鉄板のジョイフルで15分後に
現金を用意する!▶▶

(詳しい解説&申し込みページへ行きます)

 

クレジットカード現金化ってなに?

 

クレジットカード現金化っていうのは、
簡単に言えばショッピング枠を専門の業者に頼んで現金に変えてもらうことを言います。

クレジットカードのショッピング枠って、あくまでなにかモノを買うときにしか使えませんよね。

ショッピング枠が月に10万円あった場合
月に10万円ぶんのモノを買うことはできますが

現金で諭吉10枚を下ろせるわけではありません。

ですが、これを専門の業者に頼んで
うまいこと現金に変えてもらうのが、クレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化は審査がいらない

クレジットカード現金化の一番いいところは、
審査がいらないところです。

あなたの財布の中にあるクレジットカードの
カード枠を現金に変えてもらうだけですから
審査も何もありません。

そして、お金の返済もいつも通りカード会社に振り込むだけですから
安心です。

私は、初めてクレジットカード現金化を使うとき
「もし、お金を借りる先がヤクザみたいな怖いところだったらどうしよう…」って思っていたのですが
それは大きな勘違いだったということに気づきました。

クレジットカード現金化は、お金を借りた後、返すのは
いつも通りカード会社に支払うだけで良いのです。

安全なの?クレジットカード現金化って

クレジットカード現金化というのは、言葉の響きから
「それって安全なの?」って思ってしまう人も多いですが

正しくやれば安全なので、安心してください。

実際、私も困ったときには、お恥ずかしながら何度もお世話になっていますが
一回もトラブルにあったことはありません。

また、私の知り合い・友達が「ピンチだ」というときには
クレジットカード現金化を使うことをもう何十人にもオススメしてきました
が誰一人としてトラブルに巻き込まれという話は聞いたことがありません。

利息とかは?

利息はつきません。
ただ、還元率というのがあるので注意してください。

還元率は、大体90%ぐらいです。

これは、クレジットカードのショッピング枠を1万円ぶん使ったら
1万円ぴったり現金がもらえるわけじゃなくて
9000円もらえるということです。

1000円は手数料で引かれるということですね。

ちなみにめちゃくちゃ早いです

 

一つ、クレジットカード現金化を使うべき理由として
とにかくはやい!というのが挙げられます。

本当に早いです。

スマホで申し込みフォームを入力して
その後、ちょっと電話でやり取りをしたらすぐあなたの口座に現金が振り込まれます。

どうやって使えばいいの?

クレジットカード現金化業者の公式サイトから申し込みフォームを入力します。
そしたら、業者からすぐ電話がかかってきますから
スマホで電話対応するだけ!

非常に簡単です。

しかも、こう言っちゃなんですが
私は、クレジットカード現金化を始めて使う前は
「ヤクザのような、ドスの効いたおっさんが電話をかけてきたらどうしよう…」
ってビビっていたのですが

いざ使ってみると、若い女性がまるで銀行員のような丁寧な対応してくれたので
安心して使うことができました。

クレジットカード現金化ってどこの業者がいい?

結論から言いますと、ジョイフルを使ってしまえば問題ありません。
換金率も高いですし、現金化までのスピードも圧倒的に早いです。
なにより、安心して使うことができます。

特にこだわりがないのであれば、ジョイフルを使えば間違いありません。

鉄板のジョイフルで15分後に
現金を用意する!▶▶

(詳しい解説&申し込みページへ行きます)

とりあえず、上のボタンから公式ページを読んでみてください。

ただ、もしあなたが他にも業者を比較した上で決めたいのであれば
こちらの記事でオススメの業者を比較していますので
読んで、どこを使うか選んでください。

クレジットカード現金化のジョイフル
クレジットカード現金化のおすすめ業者3選!何よりも安心して使える!迷ったら『ジョイフル』という業者を使えばOK!安全で換金率も高い業者を3つ比較して、業者を選べます。読んでみてください。...

どういう場合にカードローンの審査に通らないのか

なんで審査落ちたのか、気になりますよね。

学生や無職・フリーターだと厳しい。

お金を貸す側の気持ちになってみましょう。

「この人なら、お金返してもたぶん将来返してくれる」って思える人には
お金を貸してくれますが

「う~ん、この人、あんまお金無さそうだし、将来も稼ぐことなさそう…
この人に貸すの、ちょっと不安だな…」
と思ったら貸してくれません。

正社員の人間であれば
「この人はちゃんと返してくれそう」と思って審査も通りやすいわけですが

バイトや無職・フリーターや専業主婦だと、
「この人お金なさそう…貸してもこいつ返してくれないかも」
って思われて、審査に通らないということですね。

(なんかムカつきますよね~)

理由を教えてもらえないからもやもやする

しかも、審査って落ちても理由は教えてくれませんから、もやもやしますよね~。
「なんでダメだったんだ」と思いつつ
諦めずにもう1回申し込んで
やっぱりもう1回落とされてると、最高にイライラしてしまいます。

審査が見ているところ

審査がどういうところを見ているか。
それは、ズバリ

  1. 個人情報
  2. 勤務先
  3. 信用情報

この三つです。

それぞれ詳しく解説していきましょう。

個人情報

個人情報で見てるのは

  • 家族
  • 住まい
  • 生活保護を受けているかどうか
  • 年金をもらっているかどうか
  • 自宅電話があるかどうか

といったあたりになります。
それぞれ見ていきましょう。

家族

家族が多いと、当然支出が多くなるわけですから
年収が低いのに、家族が多いと審査が通らなくなります。

住まい
住んでいるところが賃貸だったり、もしくは住宅ローンを組んでいたりすると
毎月の家の支払いが大きくなりますから、審査に落ちやすくなります。

生活保護を受けている

生活保護を受けていると、
「生活保護を受けるほど余裕がない人」ということですから、まず審査に通りません。

年金をもらっている

おじいさんで年金をもらっていると、これも「お金を返してくれないかもしれない」と思われ
審査に通りにくくなります。

自宅電話がない

自宅電話があるということは、電話契約の手続きを行ったということですから
多少は審査に通りやすくなります。

とはいえ、今の時代はスマホが普及して固定電話がない家庭も増えてきていることもあって
固定電話があるかどうかは昔と比べるとあまり審査に関係なくなってきています。

これはあまり気にしなくても良いでしょう。

勤務先

あなたがどうやって仕事をしているのかを見られます。

勤務先の情報としては、主に

  • 会社名
  • 社員数
  • 勤務形態
  • 勤務年数
  • 年収

あたりが見られます。
それぞれ解説していきましょう。

会社名
当然ですが、大手の誰もが知ってるような有名会社であれば
信用が凄まじいですから
カードローンにかなり通りやすくなります。

一方で、誰も知らない零細企業の場合
今後安定しているかどうかが怪しいということで
審査に通りにくくなってしまいます。

社員数
会社の社員数も調べられます。
大きいところは規模が大きいということで審査に通りやすくなりますし
逆に、少ないところはそれだけ会社の規模が小さく
稼ぎも少ないかもしれない。安定感も足りないということで審査に落ちやすくなってしまいます。

勤務形態
正社員なのか派遣なのか、パートやアルバイトなのかといったところで差がでます。

当然ですが、正社員の方が審査に通りやすく
派遣やパート・アルバイトだと審査に通りにくくなります。

勤務年数
勤務年数も見られます。
勤務年数が長ければ長いほど、「今後も辞めにくくお金をちゃんと返してもらえそうだ」と思われるので
勤務年数が長いほど審査に通りやすくなります。

また、最低でも6ヶ月以上勤務しないとまず審査が降りません。

転職したり、バイトを始めたりしてから少ししか経っていないと
「まだこの人はこれだけしか働いていないのか。もしかしたらすぐやめるような人かもしれないな…」
と思われ、審査に通りにくくなってしまいます。

年収
年収も見られます。
年収が少ないということは、当然お金を貸しても返ってこない可能性が高いということですから
審査に通りにくくなります。

信用情報

信用情報で見られるのは、主に

  • 他社からの借り入れ
  • 携帯電話の分割払いの支払状況
  • 奨学金
  • 今までのお金の滞納延滞の履歴
  • 事故情報
  • 短期間に複数申し込んだ

と言ったあたりが見られます。
それぞれ見ていきましょう。

他社からの借り入れ
他社からすでにどれだけ借り入れしてるかどうかも見られます。

件数と金額、どっちも見られますね。

件数は、たとえ少額ずつだったとしても
4社以上からお金を借りていたら、ほぼ審査は通らないと考えてよいでしょう。

金額も多いと、審査にとおりません。
特に、年収の1/3以上既に借りれていると
これ以上貸すと法律に引っかかってしまうので、絶対に審査が通りません。

携帯電話の分割払いをしっかり払っていない
携帯電話って、5万とか10万とかしますから
2年間の分割払いで買う人も多いですよね。

この分割払いをしっかり払っていないと、
実はあっさりブラックリスト入りしてしまうのです。

気をつけましょう。

奨学金

奨学金の返済が残っていると、審査に通りにくくなってしまいます。

滞納・延滞の履歴がある
今までお金の支払いを遅らせたり、もしくはそもそも払ってないものが残っていたりすると
そういった情報は信用情報の機関に登録されていますから、
そういった情報をもとに
「この人はまだ返してないお金があるんだ。」もしくは
「お金を返すのが遅いんだ。」と思われ
審査に通りにくくなってしまいます。

複数の会社に同時に申し込んだ
「どれか一箇所でも審査が通れば…!」と
複数同時に申し込みたくなる気持ちは分かりますが

焦らず、ここは一社ずつ申し込みましょう。

審査を落とされるよくある理由

審査を落とされるよくある理由としては
以下のものがあります。

  • カードローン会社の条件を満たしていない
  • 在籍確認が取れない
  • 嘘の内容で申し込む
  • 延滞している
  • 事故情報がある
  • 借入金差額が大きい
  • 年収が低い
  • 勤務年数が短い
  • 年収と支出のバランスが取れていない
  • 短期間で多すぎる信用情報照会履歴がある

といったあたりがよくある理由になります。

ちょっと分かりにくい部分は、以下で解説します。

カードローンの条件を満たしていない

会社によっては
「そもそもこういう人が借りられません」
って条件を設けているところがあります。

例えば、年齢で二十歳未満はダメとか
学生だとダメとか主婦がダメとか言ったような条件があるところもあります。

こういった条件があると、他の部分でどれだけ頑張ろうと
絶対に審査に通りませんので
諦めましょう。

在籍確認が取れない

あなたが今、どこに住んでいるのか?ということを確認されますが

例えば免許証や保険証を持っていないというような理由で在籍確認が取れないと
審査に通りません。

嘘の内容で申し込む

嘘の内容で申し込んでも、審査には落ちます。

例えば働いてるところを嘘ついたりとか、
他社からの借り入れの状況を嘘ついたりとか
年収を嘘ついたりとかいうことはできますが

そういった情報は、信用情報機関やあなたの働いている会社に問い合わせが行きますので
嘘の内容で申し込んでもバレます。
そして落とされます。

確かに、正直に「他社からの借り入れがある」って書いたら落とされそうと思って
ついつい嘘の内容で「借り入れ件数0件・0円」と書きたくなる気持ちはわかりますが

ここは、本当の内容をちゃんと書きましょう。

解決策

カードローンの審査に通るための解決策としては、
以下のようなものがあります。

  • 金額を小さくする
  • 信用情報を確認する
  • ブラックリストから外れるのを待つ
  • 配偶者貸付を使う
  • 収入証明書を出す
  • 一社ずつ申し込む

それぞれ解説していきましょう。

金額を小さくする

何十万というような大きな金額を申し込んで審査に落ちたとしても
金額を下げることで、審査に通る可能性があります。

とはいえ、必要な金額ギリギリで申し込んだのに落ちてしまった場合は
諦めるしかないでしょう。

信用情報を確認する

いまのあなたの信用情報がどうなっているかというのは
実は個人信用情報機関というとこに問い合わせることで確認することができます。

窓口に行けば500円で確認できて、
郵送してもらう場合は1000円で確認ができます。

これで、あなたに信用情報が傷ついてないかどうかを確認しましょう。
(とはいえ、傷ついていた場合はどうしようもないのですが…)

ブラックリストから外れるのを待つ

もしあなたがブラックリストに入ってしまっていた場合でも
ブラックリストは永遠に入っているわけではありません。

条件によりますが
5年や10年経ったらブラックリストから外れますので
そしたら申し込みを行ってみましょう。

とはいえ、今お金が必要なのに5年や10年も待ってられないという問題があります。
そして、ブラックリストから外れてすぐというのは
クレジットカードの利用履歴も何もない『スーパーホワイト』という状態になります。

この状態だと
「この人、この年齢の割にクレジットカード利用履歴が一切ないなんてどういうこと?債権整理でもしたのかな…」
というような疑いを持たれてしまい、審査に落ちやすくなってしまいます。

ブラックリストから外れたからといって、すぐ審査に通るわけではないので注意しましょう。

配偶者貸付を行う

もしあなたが主婦で、年収がゼロ円だったとしても
『配偶者貸付』というものを使うことで
夫の年収を使って審査を受けることができます。

ただし、配偶者貸付を行うには夫の許可が必要なので注意してください。
夫に内緒で、バレないようにお金を借りるのは無理ということです。

収入証明書を出す

収入証明書って、50万円以上借りる場合でなければ別に必要ありません。

ですが、借りる金額が5万円程度である場合でも、収入証明書を出すことによって審査に通りやすくなります。

ただし、収入証明書を発行する面倒くさい手間は増えるので覚悟しておきましょう。

一社ずつ申し込む

カードローンは
「どこか一箇所でも審査に通ってくれ~」と複数申し込みたくなる気持ちは分かります。

ですが、複数に申し込むと
「この人は色んな所に手当たり次第借り入れの申請をするぐらい、今お金に困ってる人なんだ」
とみなされてしまい

最悪グレーリスト入りして、そこから6ヶ月間はどのカードローンも申し込みが出来なくなってしまいます。

まとめ

  • カードローンの審査に通らなかったなら、クレジットカード現金化を使うべき
  • 審査では個人情報勤務先信用情報が見られる
  • 解決策を行うことで一度落ちた審査も通るかもしれない

ということで、カードローンの審査はどういったところを見られるのか、
そしてどう改善することで審査に通りやすくなるのか、といったことを解説しました。

とはいえ、正直無駄にあがくよりかも
クレジットカード現金化を使うほうがいいと思います。

カードローンは審査に時間もかかりますし
カード会社に「またこいつか」って思われて問答無用で落とされることもありますから
小手先で対処しようとしても、正直どうしようもない部分もあります。

それに、無職だから審査が通らないとか
主婦で夫にバレずにお金を借りたいけど審査に通らないとか
生活保護を受けてるから審査に通るわけないとか
色々な問題があると思いますけど

クレジットカード現金化であれば、そういった問題も一切関係ありません。

お金をサクっと用意して、あなたの今のピンチを切り抜けてください。

鉄板のジョイフルで15分後に
現金を用意する!▶▶

(詳しい解説&申し込みページへ行きます)